最近、ハード音源の話ばっかになってきたので、これからは音源別にタグ化してみる。
EMXの音源部はMMT音源なのだが、この音源の発展版がRADIASに積まれている・・・ので、EMXが出せる音は大体RADIASでも出せるようだ。
だから、RADIASを持っててEMXを買うって人はあまりいないらしい。よっぽどのもの好きってことか?←俺
逆に、EMXの音が好きでシンセを買い足す人はRADIASを選ぶことが多いみたいなので、ネットで調べてみるとEMXとRADIASを持ってる人はあっさり見つかった。で、DAWにはAbleton Live。なんとなくわかる気がするなぁ。というか、うちも同じ構成だし。


EMX-1は作曲用というよりは、スケッチに使ってる人が多い。コントロールすることができる端子がほとんどトップパネル上に出ているため、すばやく曲のイメージを作るのにいい。確かに、ドラムパターンのつくりやすさは異常。EGもアタックはあるし・・・逆にいうと、アタックしかないのでシンセパートの音をどう作っていいのかわからなくなる。ツマミを全てトップパネルに出すためのトレードオフなんだろう。
シンセパートは・・・ステップ入力をちゃんと使えれば化けるかもしれない。ほかにもリボンコントローラのスケールを指定してやるとメロディのスケッチに使える。CHORD OSCとモーション・シーケンスをうまく使えば、コード進行のスケッチにも使えるかも?


こういうことを考えていると弄りたくて仕方ないな。
EMX-1、しばらくは飽きずに使えそうな気がしてきました。