セルフサービスの食堂などでトレーにご飯、汁物、おかずを載せて席まで運ぶときに汁物がこぼれやすいため、ゆっくりとしか歩けませが、普通に歩く方法があります。


トレーの持ち方を少し変えるだけです。体の揺れをトレーに伝えにくくすればいいのです。


片方の手は普通にトレーを持ちます。このまま片手でトレーを持って歩くと汁物の水面が揺れにくいのがわかります。でも、これだと重たくて運べませんよね。


もう片方の手は、指1本のみでトレーを下から支えてください。これで汁物の水面は片手でトレーを持ったときと同様に揺れにくくなります。指で重さを支えているので、トレーを握っている手も楽です。


さすがに全くこぼれないわけではないですが、かなり歩きやすくなると思います。