今月初めにバンコクから羽田まで乗った34便のビジネスクラス搭乗記です。

サクララウンジでまったりと過ごした後、ゲートへ急ぎます。



機材はB777-200型機です、シートはついこの間まで欧米線でも主役だった
ライフラットシートですね。
年数が経っているわりには古さを感じません。
ANAもそうですがこの枕カバーのチープ感は仕方ないんですかね。



離陸後間もなくして軽食がサービスされます。
お寿司と茶碗蒸し?ですが、何年も変わりなく安定感があります。
もちろんシャンパンとともに頂きました。




その後爆睡です。朝食ということで起こされましたが、滅茶苦茶眠い!
時計を見るとバンコク時間で夜中の2時です。眠いはずですね。

今回の機内食(和食です)





いちおう写真を載せましたが殆ど食べることが出来なかったので味の方は
わかりません。JALさんすみませんでした。


しかし、わずか5時間ちょっとの飛行時間(しかも深夜便)で2回の機内食はもう無理ですね。今回はブログの為にと思い頑張りましたが、全くお腹が空きません。今後はこのケース最初のお寿司の時に、うどんですかいでも頂いて爆睡しようと思います。そしてシートベルト着用のサインで起きようかなと。

以前のようなバンコク12時発ならまだ良かったのですが、この羽田着は体がきついですね。空が空いているせいで到着も早くなるので寝る時間も短くなってしまう様です。

ということで今後は帰りの搭乗記は元気で機内食を食べた時のみにしようと思います。



これにてホアヒン&バンコク旅行の記事は


おしまい・・・