今日、ハローワークに入る時に、ビニール製の傘袋を貰った。その後、京都タワーの本屋によったのだけど、京都タワーの入り口でも、傘袋を貰った。どっちも最終的に捨てた。

 エコバッグなんてのがありますが、『エコ傘袋』なんても良いのじゃないかと思った。つまり、使い捨てない、繰り返し使う『傘袋』。

 その雑記。

  • 傘袋は濡れるから、傘袋をおさめる袋が必要だろうか。
  • 傘袋は、中に水が溜まるから、袋の下部に栓がついていて、排水できる。
  • 繰り返し使えるようにビニール地の厚手の布で作ろうか。
  • 中がタオル地になってたら、水分を吸ってくれるかも。
  • 繰り返し使うことで、味が出た方が良いな。高級志向で、皮(レザー)を使ったらいいのじゃないかな。濡れたら、その日のうちに拭き取って乾かす。

 なんてことを考えていて、最終的にいきついたのは…。

  • もう『鞘』にして、みんな、帯刀するような感じで、傘を鞘に入れて歩きまわったらいいのじゃないかな。

 ということでした。いつの頃からか、傘袋が色んなところで貰え、そして、すぐに捨てる感じになってきましたが、多分、みんなタオル一枚持ち歩いて、その都度拭けば良い気がしますし、水分から遠ざかるために、ビニール袋を使い捨てるのも、環境問題的にうんたらかんたら。

 なんてことを考えて、「エコ傘袋」と検索してみたら、既に、世の中にあるっぽいです。さらに、パチンコ屋の傘立てに傘を差しておいたら、盗難にあいました。

 こまねち。